1. トップ
  2. >
  3. ファクタリングとは
業界別ワダツミ活用術
ファクタリングとは、企業様が保有している売掛金*1をファクタリング会社が企業様に対して償還請求権無しで
『完全に買取する』ことにより、企業様に資金を提供する仕組みです。
分かりやすくご説明すると、企業様が保有する売掛金をファクタリング会社が譲り受け、 売掛先企業様の支払サイトの期日前にお支払いする仕組みです。それに伴って、企業様の直面する経営経済上 の諸問題についての情報を提供し、買い取った売掛金の管理・回収をすることです。
*1 納品・サービス提供が完了しており既に請求書を出しているが、支払サイトの都合によりまだ入って来ていないキャッシュ
ファクタリングにおいて、企業は自社の必要資金に応じて債権を売却し、売却代金を受け取ることが可能です。
この際、通常の銀行借入のように担保を請求されることもありません。すなわち、通常であれば債権の回収期日まで資金化できない売掛金や受取手形を期日前に資金化できます。
ファクタリングは、償還請求権が無い形
(ノンリコース)で債権譲渡を行うため、貸借対照表上、負債にはなりません。
売掛金の回収が不能になった場合、当社が回収リスクを負担致しますので支払義務が発生しません。
安定的な企業経営に欠かせないリスクマネジメントと、資金調達を同時に行う事が出来るのが、ファクタリングです。
ファクタリングは19世紀末から20世紀初頭にアメリカで開発されました。
日本では1970年代において、都銀系や大企業系のファクタリング会社が設立されました。
しかしその後の日本において、ファクタリングは欧米の様に中小企業の当たり前の資金調達手段としてはそれ程発達をせず、今日に至っています。その問題点として、

の3つがあげられます。特に、日本では『2.手形取引の発展』による影響が最も大きいでしょう。 そして、バブル崩壊後には手形取引が最盛期の10分の1にまで落ち込み、手形取引(割引)で資金調達をしていた企業にとっては、売掛金の資金化・流通手段が無くなりました。
この時期(バブル崩壊後)に運転資金の資金調達方法で大きな問題が発生しますが、 売掛金を資金化に活用する明確な手法が浸透しないまま、更に現在の世界的不況を経て今に至ります。
経済産業省は『売掛金を活用した資金調達が正当な資金調達手段であることの周知徹底が必要である』
との認識を表明しております。

また、政府機関である信用保証協会が行う売掛金担保融資保証制度も、売掛金を活用した資金調達手段の認知度を高め、その定着に一定程度の役割を果たしたと思われます。
つまり不動産担保一辺倒の企業における資金調達から早期に脱却する方法を政府主導で模索しているのです。
先の国会においても中小企業金融三法案が改正され、 売掛金の早期資金化についてニーズが高まっている事による改正が行われました。
昨今の世界的不況による経済情勢を鑑みると、中小企業に限らず現金を潤沢に準備しておくことは経営課題の最優先事項です。 その為の手段としてファクタリングは非常に有効且つ、効果的な手法である事は間違いないのです。 しかし、売り手と買い手の知識不足が原因で、風評被害が発生する場合も過去にはありました。

ファクタリングは、お客様(債権者)からファクタリング業者(ファクター)に債権を譲渡して頂く事により、 お客様へは決済期日前に手数料を差し引いてお支払いし、 お取引先様(債務者)からは期日にファクタリング業者(ファクター)へお支払い頂くスキームです。 真正な商取引による売掛金があれば、それを担保に資金化できる画期的かつ先端的資金調達方法であり、 欧米においては中小企業の資金調達手段として、不動産担保融資より一般的な方法です。

特に恩恵を受ける企業規模としては中小企業です。その中小企業が保有する事業収益資産に着目し、これを評価・管理し、その大きさと資金需要に応じて与信枠を設定する資金調達手法です。 『支払企業』と『受取企業』そして『ファクタリング業者』が協力体制を組めば、これほど安心で安全な資金調達の仕組みはないと考えます。