1. トップ
  2. >
  3. ファクタリングとは
  4. >
  5. 業界別 ワダツミ活用術
業界別ワダツミ活用術
商取引において、現金仕入・現金販売の方式だけで取引をしている会社は殆んど無いでしょう。 これは、売る側・買う側どちらの企業が大企業であったとしても、自社のキャッシュフローを調整しながら、 経営をしており、全てをキャッシュで処理する訳には行きません。

但し、商取引と一口で言っても、業界毎に事情が大きく異なります。 ワダツミ株式会社は、『売掛金』が『決済』されるまでの間の『支払サイト』に注目して、業界毎にどの様な 資金繰りの解決方法があるかを検証して、弊社サービスの活用術をご提案致します。

海外で製品を製造している中小メーカー様が国内の売上(売掛金)を早期に資金化することにより、より安い原価で製品を製造し利益を上げることが可能です。 また、海外で製造する際に前払TT(電信送金)の取引条件さえクリアすれば、日本に販路はあって必ず儲かるのに・・・という中小企業様も活用下さい。

昨今の不況で、テレビ等の広告宣伝等のマーケットも縮小気味であるが、インターネットへの広告出稿が増加しており、成長している業界の一つであるが、新規参入組みも多い。 また業界独特の商慣習により、支払サイトが長く資金繰りに苦慮している企業も多く、黒字倒産が非常に多い業界です。 ただ、商取引の間に入るクライアントには信用力のある企業も多く、ファクタリング・手形買取のサービスを活用すれば劇的に資金繰りが変わる業界でもあります。

燃料代、人件費、高速代等々、経費の先出しが非常に多く、また大手の元請、下請け、孫請け、典型的なピラミッド構造の業界です。 そういう時こそ弊社サービスを活用して頂き、日払い・週払いの給料制の導入等良い条件で人を雇い経営を効率化し、孫請けから下請けへ、下請けから元請けへのステップアップにして下さい。

給与の日払い・週払いをするのが常識になって来たアウトソーシング業界。しかし、売掛先企業からの支払サイトは、30日~60日が殆どです。 しかも2008年頃からの『人材派遣業』への批判により、金融機関の融資姿勢が硬化したままの状態が続いております。倒産・廃業・M&A等が続いておりますが、今こそ逆にチャンスなのではないでしょうか? 是非、ファクタリングを活用して事業拡大の一助として頂ければと思います。

近年はアジア近隣諸国で製造された衣類などの製品が輸入増加しており、完全な構造不況業種であり経営環境は依然として厳しいのが現状です。 中国等で製造する際に前払TT(電信送金)等の条件が非常に多く、資金繰りに頭を抱える中小企業は少なくありません。そんな時こそ弊社のファクタリングサービスで、売掛金の早期現金化をお勧めさせて頂きたいと思います。

公共工事の削減や建築確認審査の強化、人件費・材料費の高騰等、経営環境の厳しい業界の一つです。しかも支払サイトは非常に長く、未だに手形での支払いが多い業界です。 手形買取サービス等、手形割引とは違った形の資金調達方法を提供しておりますので、是非ご活用下さい。

『こんな事業をしているのだけど、ファクタリング・手形買取の対象になるのだろうか?』
『こんな在庫商品があるのだけど、在庫買取の対象になるのだろうか?』
というご質問は是非お問い合わせください。

メールフォームからのお問い合わせ